和久田建設 住宅事業部 わくわくハウジング

  • 分割地情報
  • 免震構造
  • 来場者予約
  • お問い合わせ
  • 動画ギャラリー
  • 公式SNS

すべり免震

すべり免震とは?

福岡大学工学部建築学科地震防災システム研究室(高山研究室)との
共同研究によって生まれた免震システム「すべり免震」を導入。
鋼板を敷き、揺れが起きた際、建物を滑らせる構造で地震からの家屋倒壊を防ぐシステムです。

免震・制震・耐震の違い

  • 免震|地震の揺れを受け流す
    自社で開発した地面と建物を切り離し、間にガルバリウム鋼板を敷き詰め、大きな地震が起きた際、建物だけを滑らせることにより建物へのダメージを軽減させる「すべり免震構造」を採用。
    免震の図
  • 制震|地震の揺れを吸収する
    建物内部に錘(オモリ)やダンパーなどの「制震部材」を組み込み、地震の揺れを吸収する構造です。(上階ほど揺れが増幅する高層ビルなどの高い建物には、非常に有効な技術です。)
    制震の図
  • 耐震|地震の揺れに耐える
    現在の大半の住宅で採用されている耐震工法は、地震に対しては「建築物が倒壊せず、住人が避難できること」を前提に建物の強度で、揺れに耐える構造です。
    耐震の図

免震、制震、耐震の比較[震度6強レベル](水平方向地震)

大地震が発生した際、免震システムの有無によって室内の状況にどれだけの差が生まれるのかを、
免震、制震、耐震での比較で表わしています。
免震 制震 耐震
家具転倒の可能性 低い 高い 高い
食器・ガラス類 飛散の可能性 低い 高い 高い
家電製品の転倒・破損の可能性 低い 高い 高い
躯体損傷の可能性 極めて低い 低い 低い
構造破壊の可能性 極めて低い 低い 極めて低い
特 徴 水平方向の揺れは小さくなるが
垂直方向の揺れには対応なし。
水平・垂直方向どちらにも
耐ええる。
水平・垂直方向どちらにも
耐ええる。
※堅蔵RCキュービックシリーズは、【免震】と【耐震】の2つの組み合わせにより、
より強固な構造物として完成しました。

施工物件紹介

堅蔵RCキュービックモデル住宅

「堅蔵」は安くて強い家を提案する和久田建設の住宅ブランドです。
近年、頻発する地震・台風により災害対策を意識した住宅購入意欲が高まりつつあります。当社は幅広いニーズに対応し、安心・安全・品質向上を追求しています。堅蔵は災害対応型住宅としてRCの強固な構造と、災害の影響を蠑螈する様々な災害対応型工法を採用しています。

■堅蔵RCキュービックの工法について

  • コンクリート造
    一般的な住宅は全て木造のものが多いと思いますが、堅蔵は災害に強い住宅というコンセプトのもと、壁式鉄筋コンクリート造を採用しています。これは従来のラーメン構造よりも地震や台風、火災などに強く、安全性に優れた工法です。
    ダイニング写真
    ダイニング
  • D-Box工法の導入
    基礎にはD-Box工法を導入しています。液状化対策ができるだけでなく、特殊な袋に砕石を入れて敷き詰めるというシンプルな仕組みにより、コスト削減や工期短縮が可能です。
    地盤改良にD-Boxを使用し液状化の対策写真
    地盤改良にD-Boxを使用し液状化の対策
  • 災害時の負担軽減のしくみ
    建物の基礎と地面の間にはガルバリウム鋼板を敷き詰めています。摩擦係数を低減して建物全体を揺らし、災害時の負担を軽減するためのものです。このような減震工法を採用することにより、耐久性・耐震性・耐火性に優れた構造が実現しています。
    ガルバリウム鋼板写真
    ガルバリウム鋼板
  • 充実した設備
    コンクリートと相性の良い外断熱工法を用いており、夏は涼しく冬は暖かい環境で過ごすことができます。USBコンセントやスイッチ連動型コンセントなど、設備面も従来の住宅より充実しているため、非常に暮らしやすいと思います。
    螺旋階段写真
    螺旋階段
  • 今回の施工にて気をつけていることや、
    こだわっていることを教えて下さい。
    コンクリートの打設が1番のポイントです。ジャンカやピンホールができないよう、たたきを行ったりバイブレータをかけたりして、綺麗に充填することを意識しながら厳しく施工管理をしています。どの現場でも窓の下に上手く充填できないことが多いため、開口部には特に注力しています。

堅蔵RCキュービック住宅 実証実験【2019年5月12日(日)実施】

福岡大学の高山研究室のご協力のもと、新たな免震技術「すべり免震」について、
実際の建物を利用して実証実験を行いました。
「すべり免震」とは、建物の基礎を地面に固定しないことで、
横揺れの地震が起きた際に建物がずれて倒壊などの被害を軽減させるというものです。
実験の模様と結果を、紹介させていただきます。
【福岡大学 高山研究室】
建物を地震災害から安全に保つための免震構造(建物と地盤を絶縁することで建物に働く地震力自体を小さくする構法)に関する研究に重点を置いて建築構造物の振動問題に関する研究に取り組まれています。
実験が行われたのは、古閑中町にある堅蔵RCキュービックの現場です。実験当日は天候に恵まれ、澄みわたる空のもと実験は始まりました。
写真右側の建設された建物と写真左側の基礎部分との間に2本の山留材を配置し、負担をかけて「すべり荷重」を計測する実験です。
橋桁を持ち上げることができる強力型ユニバーサルジャッキを使用し、徐々に加圧して負荷をかけていきます。
左右のジャッキの圧力を同一にするため、タイミングを合わせて加圧していきます。
【福岡大学 高山研究室】
建物を地震災害から安全に保つための免震構造(建物と地盤を絶縁することで建物に働く地震力自体を小さくする構法)に関する研究に重点を置いて建築構造物の振動問題に関する研究に取り組まれています。
0.001ミリ単位で計測可能な変位計を6箇所に設置し、基礎部分の変動データを採取していきます。
福岡大学・高山研究室から高山峯夫教授をはじめ、森田慶子助教授・研究生の方々にご協力をいただきました。些細な動きも見逃さないよう、緊張感が漂っていました。
実験は無事に成功しました。基礎のすべり荷重の計測も無事に終了しました。今後は、福岡大学・高山研究室にて計測結果の分析が行われます。
当日は、TV局からも取材に来ていただき、この新たな免震技術の実験をニュースでも取り上げていただきました。
福岡大学・高山教授より「計測結果は分析中ではあるものの、想定を超える地震に対する安全性の確保という点では、効果があるのではないかと期待される。」とのご意見をいただくことができました。
今後も技術向上を図るため、挑戦を続けていきます。